京都で暑い季節に楽しもうと思えば、やっぱり一番人気になるのが川床。
鴨川、貴船と、大きく分けてしまえば2つのエリアにおいて、いろーんなお店が建ち並んでいるので、あまり京都に来られない方からすれば、一体どのお店に入れば美味しいものが食べられるの?むしろドコに行けばいいの?ということになりかねないと思います。

そこで、今回は京都で川床を行っているたくさんのお店の中から、まず外れのない鉄板のお店を2つほど紹介しちゃいたいと思います!

貴船で川床と言えば「ひろ文」

色んなお店がごまんとある貴船、お店が並んでいる件数としては鴨川沿いのラインと比べると少なくはなるものの、高地であることから夏でも涼しく、盆地として知られている京都の中でもトップクラスの避暑地になっています。

例え真夏の暑い日だったとしても、この辺り迄くれば少しヒンヤリとしてくるのです。
なので、暑いのが苦手な方にはぜひオススメのエリアと言えますね!

さて、ひろ文さんはお勧めの川床のお店なのですが、なんと言っても外せないのは流しそうめんの存在。
この界隈でも川床で流しそうめんが食べられるのはここしかありません。
しかも、1300円というリーズナブルなお値段で頂く事ができるので、観光客の方からも大人気なのです。

ただ、気を付けておきたいのが、シーズンになると連日人が並ぶようなお店で、大抵2時間3時間待ちになるほどの人気。
予約はできないので、午前中に受付を済ませて、界隈を散策するような形にすることをお勧めします。

また、流しそうめん希望の場合には駐車場は使用できないので、バスや電車で来られるようにしてください。
並んででも食べる価値のある素敵なご飯になりますよ。とってもオススメです。

画像出典元:http://enjoy-jp.net/kansai/gourmet/kibune_hirobun/

街中でしっとり川床「山とみ」

メディアに取り上げられるほどの人気を持っているこちらのお店は、鴨川に面している先斗町に位置しています。
こちらは、京都らしいものを食べたいという方を中心に絶大な人気を誇っていて、ゆばのお刺身や名物鉄ピン揚げ(自分で串揚げが楽しめちゃう!)、京野菜をふんだんに使用したメニューが常時100種類以上も揃っているということで、たっぷりと京都を堪能できるようになっています。

こちらのお店は夜に来ても楽しいのですが、ランチタイムを使って気軽に楽しむこともできます。
お昼からちょっとしたコースを片手にお酒を飲むのも、きっと乙なものだと思いますよ!

画像出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/minaakitada/39906936.html